読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらゆる不調を治す朝1杯の「白湯」

水分補給を行う際、水の種類とともに温度も重要となります。飲用水を沸かした白湯は、日本で古来より愛されてきた生活の知恵です。体をいたわり、優しくコンディションを整える天然の健康飲料と言えます。

白湯は全身に作用する万能薬のような存在で、以下のような効能があります。

 

認知症予防

白湯は高齢の方でも飲みやすく、体はもちろん脳内の脱水予防にも役立ち。情報伝達の働きを促進するサポートになります。

冷え性改善

体を冷やすことなく、温熱効果で血管がゆっくりと広がり血流が促進されます。体の末端まで血液がくまなく行き渡り、手足の冷えの改善に期待できます。

免疫力向上

体温に近い白湯を飲むと下がっていた体温が上がって、免疫細胞が活躍しやすい環境になります。代謝効率の向上に加えて免疫力の維持にも期待ができます。

胃腸機能向上

体温に近い白湯は胃腸に負担をかけずに速やかに吸収されます。胃腸の働きが促されることが消化酵素の分泌を促進し、働きを高めます。

ダイエット効果

体を冷やさず温熱効果で体温を下げることなく新陳代謝が活発になり、脂肪燃焼を促す働きに期待できます。体液の循環が良くなり、むくみも解消できます。

体がきれいになる炭酸水の効果

血流促進効果で全身がリフレッシュ

炭酸水の泡は体に目覚ましい働きをすることがあります。主な効果として下のようなものがあります。

 

冷え性改善

炭酸風呂などにつかり皮膚から吸収された二酸化炭素が、皮膚表面の血流を促すことで体温が上がります。

食欲増進

炭酸の泡が胃腸を刺激し、血流を促すことで食欲が増進します。

乾燥肌改善

炭酸には保湿効果があり、炭酸水での洗顔や入浴で肌のうるおいが復活します。

発育・育毛

炭酸シャワーは頭皮の汚れを落とし血流改善などで育毛にも期待できます。

リラックス効果

炭酸風呂などで副交感神経が高まるといわれ、リラックス状態になります。

 

炭酸水を飲んでいると骨がもろくなる、子供や高齢者は飲まないほうがいい、依存症になる、胃がんの原因になると言われることがありますが、これらは過剰摂取による刺激や胃酸過多に起因するものなので通常の摂取では心配する必要はありません。太る原因になるのではないかという疑問についても、むしろ血流を促進して体温を上昇させることで代謝を高めることができるのでダイエット効果があると言えるでしょう。ただし、コーラなどの甘い清涼飲料水には糖分が含まれているので肥満の原因となります。

硬度から見る「体質に合った」天然水の選び方

ミネラルウォーターを選ぶ指標には水の「硬度」もあります。ミネラルウォーターには成分による分類とは別に硬水と軟水があり、両者は効能はもちろん、その味わいにも大きな違いがあります。軟水は日本人の体質に合っていてクセが少ないことが魅力です。一方で硬水はカルシウムとマグネシウムの含有率が高いため、ミネラルの恩恵を多く受けることができます。これらの成分はもともと日本の土壌には少なく、その点を補ってくれるのが硬水の魅力です。

 

硬水

人体の主なミネラルのうち、カルシウムとマグネシウムの含有率が高く、飲用で不足分を補うことができます。これらの成分を多く含む水は血液サラサラ作用があると言われ動脈硬化予防が期待でき、マグネシウムは便通改善効果もあります。一方で、摂取しすぎるとマグネシウムの刺激によってお腹を壊す可能性もあります。

軟水

味わいにクセがなく、飲みやすいのが魅力です。胃腸への負担や刺激が少なく、吸収されやすいです。採水地によっては糖尿病予防に効果があるバナジウム動脈硬化を予防するケイ素などが含まれるものもあります。デメリットとして、硬水と比べてミネラル分を補給するという観点では劣ります。ただ、カルシウムとマグネシウム以外のミネラルは硬水と変わらないため他に着目すれば必ずしもミネラルが少ないわけではありません。

成分から見る「体質に合った」天然水の選び方

毎日の水分補給にオススメされているのは、ミネラルウォーターです。カルシウムやマグネシウムだけでなく、体に嬉しい様々なミネラルがバランスよく含まれているものが多くあります。ミネラルウォーターには含まれるミネラルの状態や殺菌の処理方法などによって4つの種類があり、それぞれ特長が異なります。

 

ナチュラルウォーター

特定の水源から採取された地下水。沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていないものをいいます。「白神山地の水」は世界遺産白神山地の天然水です。すっきりとしたマイルドな味わいがあります

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターと同じ処理をされた水のうち、地中でミネラル分が溶解した水のことをいいます。「サントリー南アルプスの天然水」は八ヶ岳甲斐駒ケ岳を望む南アルプスで採水された軟水です。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターに、品質の安定のためミネラル成分の調整やオゾン殺菌、紫外線殺菌を行ったものをいいます。「飛騨天領水」は大分県日田市の特徴的な地質を通った希少価値の高い水です。

ボトルドウォーター

他の3種類のいずれにも属さない飲用水。処理方法の限定がなく、純水や蒸留水などがあります。「アルカリイオンの水」は天然水を独自の方法でアルカリ化させたものです。

ヘルシーライフの鍵は適切な水分補給

人間は毎日「水」を飲みます。多くの人が極自然に行っていることですが、水を飲むことは病気を未然に防ぎ、健康を保つための重大な行為です。

人間の体はわずか2%の水分が減るだけで正常な働きを失い、様々な不調が現れます。特に高齢者は渇きを感知しにくく、脱水の傾向が顕著です。こまめに水分補給をして適切な状態をキープするよう心がけましょう。

体内の水分は活動とともに常に消費されており、ストックしておくことができません。それ故に、水分の補給はこまめに、少しずつが鉄則となります。水分過剰も急激な摂取に起因するケースが多く、一定のペースで摂っていれば送料の上限にさほど神経質になる必要はないといいます。

体重(kg)×40~50mℓ=必要水分量(ℓ)

上の数式が臨床データから導かれた1日に必要な水分量の計算式です。この量を1日のサイクルの中で効果的に摂ることが望ましいです。

 

1回に飲む量はコップ1杯、200mℓが目安です。食事は空腹を感じたらが基本ですが、水分補給は逆です。喉が乾く前に飲みましょう。水といってもその種類は豊富で、飲み方もいろいろです。自分に合ったスタイルを見つけて楽しく飲むことが健康の秘訣です。

水分過剰が引き起こす症状

病気にならない正しい水の飲み方として、過剰に水分を摂取しすぎないことが挙げられます。水分を摂取しすぎると体に害を及ぼすことがあります。

主な症状

体の冷え

急激に冷たい水を大量に飲むと体温が下がってしまい、不調の原因になります。夏場は特に注意が必要です。

水毒症

極端な水分過多だと血液の塩分やミネラルが薄まって相対的に欠乏状態になり、不調に陥ります。

お腹を壊す

一度に水分を摂り過ぎると胃腸に負担をかけてしまい、下痢などを発症します。こまめに飲むことが大切です。

腎機能の低下

極端な大量摂取は排尿を司る腎臓に負担をかけることもあります。腎臓病がある場合は注意が必要です。

 

こんな時は要注意!

尿が無色透明

色のない水のような尿が大量に出る場合は過剰摂取のために排尿されている証拠です。

手足のむくみ

吸収された水分が余剰の組織液になると、一時的にむくむことがあります。脱水が原因の場合もあります。

1時間に2回以上トイレに行きたくなる

過剰に水分を摂ると頻尿になります。余分な水分の排出で即悪影響はありませんが、水分補給の目安にしてください。

病気にならない正しい「水」の飲み方

病気にならない水の飲み方があるって知ってましたか?

 

人間の体は70%が水分でできています。

 

水は血液となり、栄養を体のすみずみまで運んでくれます。

 

また、リンパ液は老廃を排出してくれます。

 

「美肌には水を飲む」「ダイエットには水」など、”水を多く摂るのは身体に良い”ということは誰も知っています。

 

しかし、健康のために飲んでいるはずの水が、水の飲み方次第で、毒になってしまうことがあります。

 

水分不足が招く体の症状

 

脱水症状になると、次のような症状になります。

 

免疫力が落ちる

免疫細胞が働く環境が悪化するほか、懲役の分泌が減り、腸内環境が乱れ免疫力が落ちる。

 

せん妄

水は脳内の情報伝達にも寄与しています。

脳の脱水では最初頭痛やめまい、進行すると意識障害も起こることがあります。

脳梗塞心筋梗塞

体の水分が減ると血液の濃度が高まり、血栓となり脳梗塞などを引き起こすこともあります。

 

こむら返り、足のもつれ

以外に知られてませんが、筋肉の約75%は水分です。

脱水で機能が鈍ると足がつったり、重度の場合は麻痺がおこることもあります。

 

こんな時は注意しましょう

のどの渇き

のどの渇きが出た時点ですでに体内の水分の2%以上が失われた状態です。

尿の色が濃い

体内の水分が十分でないと、普段より尿の色が濃くなります。

 

2時間経っても、トイレに行きたくない

正しく水分をとっていれば、定期的に尿意があるはずです。

2時間以上トイレに行きたくない時は水分不足かもしれません。