読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病気にならない正しい「水」の飲み方

病気にならない水の飲み方があるって知ってましたか?

 

人間の体は70%が水分でできています。

 

水は血液となり、栄養を体のすみずみまで運んでくれます。

 

また、リンパ液は老廃を排出してくれます。

 

「美肌には水を飲む」「ダイエットには水」など、”水を多く摂るのは身体に良い”ということは誰も知っています。

 

しかし、健康のために飲んでいるはずの水が、水の飲み方次第で、毒になってしまうことがあります。

 

水分不足が招く体の症状

 

脱水症状になると、次のような症状になります。

 

免疫力が落ちる

免疫細胞が働く環境が悪化するほか、懲役の分泌が減り、腸内環境が乱れ免疫力が落ちる。

 

せん妄

水は脳内の情報伝達にも寄与しています。

脳の脱水では最初頭痛やめまい、進行すると意識障害も起こることがあります。

脳梗塞心筋梗塞

体の水分が減ると血液の濃度が高まり、血栓となり脳梗塞などを引き起こすこともあります。

 

こむら返り、足のもつれ

以外に知られてませんが、筋肉の約75%は水分です。

脱水で機能が鈍ると足がつったり、重度の場合は麻痺がおこることもあります。

 

こんな時は注意しましょう

のどの渇き

のどの渇きが出た時点ですでに体内の水分の2%以上が失われた状態です。

尿の色が濃い

体内の水分が十分でないと、普段より尿の色が濃くなります。

 

2時間経っても、トイレに行きたくない

正しく水分をとっていれば、定期的に尿意があるはずです。

2時間以上トイレに行きたくない時は水分不足かもしれません。